EF81 103が京都鉄道博物館へ

EF81 103が京都鉄道博物館へ

“トワイライトエクスプレス”の定期運転終了後に,いったん金沢総合車両所松任本所に入場した同列車色のEF81 103が,再塗装などの展示整備を済ませ,2015(平成27)年4月23日(木)に同所から出場,配給輸送されました.松任—向日町(操)間の配給列車のけん引機は,JR西日本で最後の原色現役機となった敦賀地域鉄道部所属のEF81 108が務めました.
 展示整備されたEF81 103は,1988(昭和63)年に日本全国をクルージングした「ノスタルジア・イスタンブール・オリエント・エクスプレス(NIOE)」のけん引実績もある北陸ゆかりの1台で,黄色の車体帯は客車更新後の仕様である銀縁入りになっています.

写真:明峰—小松間にて 2015-4-23
投稿:岩谷 淳平

2015年4月24日掲載