×

阪急900と116が構内走行

access_time
2015年4月24日掲載
阪急900と116が構内走行

2015(平成27)年4月21日(火),阪急正雀工場で永久保存されている旧形車両の900と116が連結された状態で構内走行を行ないました.
 両車両ともに整備が完了し,最終確認のあと,通常の保存場所である本線側の車庫へ入場しました.通常はフェスティバルなどの公開イベント時以外は走行はおろか,姿も見えないため珍しい光景となりました.

写真:正雀にて(ホームから撮影) 2015-4-21
投稿:渡邊 一弘