阪急2300系の定期運用が終了

access_time
2015年3月21日掲載
阪急2300系の定期運用が終了

1960(昭和35)年のデビュー以来,おもに阪急京都線系統で活躍を続けてきた2300系のうち,残存する最後の編成であり,さよなら装飾が施された2313編成が,2015(平成27)年3月20日(金),定期運用を終了しました.
 当該編成の最後の運用は梅田駅14時16分発普通高槻市行きでしたが,途中の正雀駅で車両交換が行なわれ,定期運用が終了しました.3月22日(日)には,事前応募の抽選に当選した乗客を乗せる,さよなら列車が運転される予定となっています.

写真:富田にて 2015-3-20
投稿:佐々木 康