×

305系W6編成が甲種輸送される

access_time
2015年2月27日掲載
305系W6編成が甲種輸送される

305系W6編成が日立製作所笠戸事業所で落成し,2015(平成27)年2月26日(木)から27日(金)にかけて,下松から所属先の唐津運輸センターまで甲種輸送されました.
 けん引機は下松—幡生操車場間は吹田機関区所属のEF200-3,幡生操車場—北九州貨物ターミナル間は門司機関区所属のEH500-67,北九州貨物ターミナル—西唐津間は門司機関区所属のDE10 1675でした.305系はこれで6編成がそろい,3月のダイヤ改正以降,筑肥線から福岡市営地下鉄線に乗り入れる車両はすべて305系に統一されることになります.
 なお,2月26日(木)から27日(金)にかけて,唐津車両センター所属の103系E09+E10編成が西唐津から門司港まで配給輸送されています.

写真:下松にて 2015-2-26
投稿:花村 隆広