もと西武3007編成が高宮へ

もと西武3007編成が高宮へ

2014(平成26)年12月に近江鉄道へ輸送された,もと西武3000系3007編成6両が,2015(平成27)年2月3日(火),高宮駅の側線へ回送されました.彦根駅構内の留置スペース確保のためと思われます.
 編成は高宮方から,モハ226+クハ3007+モハ3107+モハ3108+モハ3307+モハ3308+クハ3008+モハ221の計8両,全区間220形を前後に連結したうえでの無動力回送となりました.なお,3007編成各車の方向幕は撤去されていました.
 近江鉄道では通常2両以上で列車が走行する事はないため,珍しいシーンとなりました.

写真:ひこね芹川—彦根口間にて 2015-2-3
投稿:国府 孝行