×

南海「赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」が千代田へ

access_time
2014年7月2日掲載
南海「赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」が千代田へ

映画『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) episode 7「虹の彼方に」』の公開と,空港線開業・「ラピート」運行開始20周年を記念し,2014(平成26)年4月26日(土)から運転が開始された,「赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」は,6月30日(月)の関西空港14:05発なんば行きの特急“ラピートβ”48号を最後に営業運転を終了し,翌7月1日(火)に,住ノ江検車区から千代田工場へ回送されました.
 「赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」が高野線を走行したのはこれが初めてのことですが,今後は千代田工場で通常仕様に戻されるものと思われ,約2ヵ月間,多くの鉄道ファンやガンダムファン,そして沿線の利用者の注目を集めた「赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」の姿は,今回をもって見納めとなります.

写真:我孫子前—浅香山間にて 2014-7-1
投稿:寺坂 有生