近江鉄道100形に第2編成が登場

近江鉄道100形に第2編成が登場

近江鉄道では,車両更新のため西武鉄道から譲り受けた新101系を900・100形として順次登場させていますが,このほど100形の第2編成である102編成が登場しました.
 種車は,2014(平成26)年3月28日(金)に本線試運転を行なった,もと285編成(クモハ285+クモハ286)と思われます.
 気になる外観は101編成と同じく,水色ベースに白帯となりました.ただ,改造種車の285編成がスカートを装備していなかったため,102編成はそのままスカートなしで登場し,近江鉄道の新101系改造車に新たな顔が加わることとなりました.
 彦根車庫には,もう1編成未改造の新101系2連(スカートなし)が残されていますが,この編成が今回と同じように101編成同様の外観となるのか,または,まったく新しい外観になるのか,注目されます.

写真:彦根車庫にて(ホームから望遠レンズで撮影) 2014-4-17

掲載

鉄道ファン2019年3月号