上信電鉄上州富岡駅新駅舎完成式典が開催される

access_time
2014年3月19日掲載
上信電鉄上州富岡駅新駅舎完成式典が開催される

上信電鉄上州富岡駅の駅舎建替え工事が竣工し,2014(平成26)年3月17日(月)に完成式典が自治体関係者や県内の鉄道関係者をはじめ多数の列席のもと開催されました.沿線のゆるキャラや富岡市の「シルクレディー」の参加,地元消防団による奏楽なども行なわれました.
 この立て替え工事は,同駅が,今年2014年のユネスコ世界文化遺産登録が期待される「富岡製糸場」の玄関口となることから,自治体の支援により実現したものです.新駅舎は富岡製糸場をイメージしたれんが造りで,イベントなどでの利用も想定されています.なお,同時に同駅ホームのかさ上げや停止位置の変更なども行なわれています.

写真:上州富岡にて 2014-3-17
投稿:堀口 大介