急行“いせ”にキロ85 3が充当される

急行“いせ”にキロ85 3が充当される

2014(平成26)年3月末までの土曜・日曜・祝日に名古屋—伊勢市間で運転されている急行“いせ”ですが,2014(平成26)年3月2日(日)の列車には,ふだん特急“ひだ”で運用されている全室グリーン車のキロ85 3が充当されました.
 キロ85形は,1992(平成4)年に“南紀”用として導入され,2001(平成13)年に“ひだ”に転用されてから,近年では熊野花火大会などの臨時特急でしか紀勢本線には入線することはありません.
 急行“いせ”は,ふだんは4両編成で,グリーン車は半室のキロハ84,両端の先頭車はキハ85形0番台や貫通形の200番台などとなっていますが,車両運用の都合で急行“いせ”へ充当されたものと思われます.

写真:松阪にて 2014-3-2
投稿:瀬川 幸久

2014年3月3日掲載