JR東日本,E353系量産先行車を新造

JR東日本,E353系量産先行車を新造

JR東日本は,老朽化したE351系の取替えを目的に,性能評価や技術検証を行なうためにE353系の量産先行車を製作すると発表した.
 外観コンセプトは,「伝統の継承」と「未来への躍動」で,“あずさ”のDNAを引き継ぎながら,日本の中央を走る新時代のダイナミズムを表現し,観光・ビジネスユースに対応したデザインとする.空気ばね式車体傾斜方式を採用し,E351系の振り子式車体傾斜方式と同等の走行性能を実現.一部先頭車とグリーン車に動揺防止装置を採用することにより,乗り心地を向上する.内装コンセプトは,南アルプスと梓川の「きよらかさ」,ビジネスの「機能性」とレジャーの「高揚感」.室内照明にはLEDを採用し,消費電力の低減を図る.
 E353系量産先行車は基本9両編成と付属3両編成の計12両が製作され,2015(平成27)年夏以降に落成.最高速度は130km/h,運用区間は東京—松本間が予定されている.

写真:E353系量産先行車のイメージ(JR東日本提供) 

掲載

鉄道ファン2019年3月号