115系L-12編成が「まんぷく宝しま号」に

115系L-12編成が「まんぷく宝しま号」に

2013(平成25)年7月から9月まで行なわれる広島県デスティネーションキャンペーンの一環として,2013(平成25)年7月6日(土),ラッピング列車「まんぷく宝しま号」運転が開始され,広島駅で出発式が開催されました.
 115系L-12編成(クハ115-2008+モハ114-2006+モハ115-2006+クハ115-2104)が使用され,広島の食をテーマに下り方からお好み焼き,スイーツ,ラーメン,酒蔵がラッピングされています.
 「まんぷく宝しま号」は広島県デスティネーションキャンペーンの期間中,山陽本線三石—下関間と呉線,可部線で運転される予定です.

写真:広島にて 2013-7-6

掲載