“SL冬の湿原号”に日台姉妹列車ヘッドマーク

access_time
2013年3月12日掲載
“SL冬の湿原号”に日台姉妹列車ヘッドマーク

JR北海道釧路支社では,“SL冬の湿原号”のヘッドマークを2013(平成25)年3月9日(土)と10日(日)の2日間限定で,JR北海道C11“SL冬の湿原号”と台湾鉄路管理局CK124・SL列車の姉妹列車提携1周年を記念した特別ヘッドマークとして運転しました.
 また今期の最終日となる10日は暴風雪の恐れがあることから,今回もヨを抜き,釧路運輸車両所所属のDE15 2526(ヘッドマークなし)が後補機となりました.復路は,DE15をC11の次位に連結して運転,無事に同列車の今期の運転を終えました.

写真:釧路にて 2013-3-10
投稿:鈴木 一雄