×

遠州鉄道モハ26+クハ86廃車にともなう動き

access_time
2012年10月30日掲載
遠州鉄道モハ26+クハ86廃車にともなう動き

2012(平成24)年10月5日(金)から浜北駅に疎開留置されていた30形モハ26+クハ86ですが,10月28日(日)未明,1925(大正14)年製造の電気機関車ED28 2のけん引で,西鹿島駅から遠州西ヶ崎駅へ回送されました.廃車になるものと思われます.
 この回送に先立って,26号は10月27日(土)の午前中に浜北駅を出発し,自力走行にて西鹿島駅へ回送されました.西鹿島駅では,入換時に支障するスカートの取り外しなど,翌日未明の回送に備えた作業が行なわれたようです.
 またモハ26とクハ86の留置スペースを確保するため,遠州西ヶ崎駅に留置されているホキ車3両の浜北駅への疎開回送も行なわれました.この回送は,ホキ車3両をけん引車両の1000形1007号(モハ1007+クハ1507)と入換用のED28 2で挟むという,めずらしい編成で行なわれました(写真).

写真:遠州小松—浜北間にて 2012-10-28
投稿:大橋 幸太