東海道本線総持寺踏切が廃止される

東海道本線総持寺踏切が廃止される

2012(平成24)年4月1日(日)6時をもって,東海道本線鶴見—新子安間の総持寺踏切は,廃止(全面通行止め)となりました.
 東海道本線を始め,横須賀線,京浜東北線,東海道貨物線,計11本の線路を跨いでいました.2010(平成22)年4月1日から6時〜10時,16時〜21時に通行止め,2011(平成23)月4月1日からは6時〜21時は通行止めとなっていました.
 通勤時はもとよりそれ以外の時間帯でも列車の本数が非常に多いこと,鶴見駅での貨物列車の入換えによる長時間閉まっている場合があること,多くの線路をまたぐため横断に時間がかかること,線路がカーブしておりカントがついていて自動車などの横断の際,激しく揺れること,横にある歩道橋にエレベータの設備がつき,自転車でも利用できるようになったことなどが廃止の理由としてあげられています.

写真:鶴見—新子安間にて 2012-3-31
投稿:伊藤 雅樹