紀州鉄道キハ603が定期運用から離脱

紀州鉄道 キハ603が定期運用から離脱

紀州鉄道のキハ603が,2009(平成21)年10月25日(日)に定期運用から離脱しました.
 同車は1960(昭和35)年製で,大分交通耶馬渓線の廃線により,1976(昭和51)年から紀州鉄道で活躍してきました.
 最終日には地元ファンらの手作りヘッドマークが取り付けられての運転となり,沿線ではファンや地元住民が慣れ親しんだキハ603に最後のエールを送りました.
 今後は車庫内で保管され,保存方法などを検討するとのことです.

写真:御坊—学問間にて 2009-10-25
投稿:野志 幸史

2009年10月26日掲載