キハ30 98が国鉄色となって郡山総合車両センターを出場

キハ30 98が国鉄色となって郡山総合車両センターを出場

検査のため郡山総合車両センターに入場していた,幕張車両センター所属のキハ30 98が,2009(平成21)年7月1日(水),国鉄色となって出場し,所属先へ回送されました.
 けん引機は郡山—黒磯間が仙台車両センター所属のED75 759,黒磯—新小岩(操)間が田端運転所のEF65 1115,新小岩(操)—木更津間が宇都宮運転所のDE10 1751でした.

写真:東浦和にて 2009-7-1

掲載

鉄道ファン2019年3月号