阪急 西宮北口—嵐山間 直通臨時列車を運転

阪急 西宮北口—嵐山間 直通臨時列車を運行

阪急電鉄では,2008(平成20)年11月17日(月)から21日(金)までの5日間,神戸線の西宮北口から嵐山線の嵐山までの直通列車を毎日1往復運転しています.
 停車駅は神戸線 西宮北口—十三間の各駅と,嵐山線 桂—嵐山間の各駅で,梅田駅の6号線(宝塚線・扉扱いなし)を経由して,運転されています.
 車両は神戸線所属の7000系7017編成(6連)が使用され,京都線の行先表示幕を装備していないため,種別幕は臨時表示のみで正面貫通扉部分に特製看板が取り付けられ,側面にはステッカーが張られています.

写真:茨木市にて 2008-11-17
投稿:関本 隆

2008年11月18日掲載