西武3000系一代記 西武鉄道で最後につくられた3扉車

西武鉄道の車両は,大手私鉄ではめずらしく20m3扉車体の車両が大部分を占めていました.その後同社の方針が変わると,20m4扉車体の車両が増え,現在,池袋線や新宿線では3扉車を見かける機会が激減してしました.同社の3ドア車では最新車両であった3000系も廃車が進んでいますが,このことは,先輩格である4扉車の2000系が,3000系の新製後に増備が再開され,大活躍していることとは,好対照です.
 本記事では,このようなことも含めて,3000系にスポットを当て,そのプロフィール,生涯を振り返ります.