東京から東海道本線経由で伊豆修善寺に直結する温泉行楽列車は現在,185系特急"踊り子"号に代表されますが,この行楽列車の今日に至るまでの変遷を,ベテランファン久保 敏さんの作品でつづる一編です.1回目は80系湘南電車から153系,そして185系登場までの三世代電車の活躍を展開していますが,ご覧になる皆さんの年代によって,なつかしさを覚える車両も異なることでしょう.