開花鐵道探偵 第一〇二列車の謎

開花鐵道探偵 第一〇二列車の謎

ミステリ・フロンティア 103.『本誌2017年9月号(通巻677号)』の「車内放送」欄でご紹介した鉄道ミステリ小説,かつ,時代ミステリ小説の一冊『開花鐵道探偵』の続編として刊行された本書は,開業して間もない大宮駅で発生した貨物列車の脱線事故を契機として話しが進みます.この事故にまつわる謎解きを楽しみながら,夢中で読み進めてしまうことでしょう.

著者山本巧次
発行東京創元社
仕様四六判 304ページ
定価本体1800円+税
発売日2018年12月20日
購入する開花鐵道探偵 第一〇二列車の謎をamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入する開花鐵道探偵 第一〇二列車の謎をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2019年3月号掲載| 東京創元社の記事一覧

鉄道ファン2019年11月号