×

全国鉄道事情大研究 青函篇

全国鉄道事情大研究 青函篇

北海道新幹線が開業した後の北東北,道南地区の鉄道の事情を,辛口の批評でおなじみの筆者が徹底的に研究しました.いずれも,具体的かつ理にかなった提案がなされています.たとえば,道南いさりび鉄道について,ここに快速を走らせて木古内と函館地区をつなぐという提案は,まさに現実的で,所要時間の短縮にもつながるという予測が立てられています.もちろん,青函トンネル内における速度を向上させ,増発する案も含まれ,これらが実現することができれば利用価値が高まりそうな予感がします.取り上げてられている路線は,北海道新幹線,道南いさりび鉄道線のほか,函館市企業局線,函館本線函館~長万部間,青い森鉄道線,IGRいわて銀河鉄道線,奥羽本線青森~秋田間,津軽線,大湊線,五能線,花輪線,男鹿線,津軽鉄道線,弘南鉄道線の各線です.筆者の著書は,いつも真剣に読み入ってしまいます.

著者川島令三
発行草思社
仕様四六判 224ページ
定価本体1700円+税
発売日2016年9月10日
購入する全国鉄道事情大研究 青函篇をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2016年12月号掲載| 草思社の記事一覧