RM LIBRARY 226 南武鉄道モハ100形 15輌のはなし

南武鉄道モハ100形 15輌のはなし

現在の南武線は,南武鉄道が国有化され,国鉄の分割民営化によりJR東日本の路線となりました.本書は,当時の私鉄の電車にも非常に造詣の深い髙井薫平氏が,南武鉄道の主力として活躍したモハ100形についてまとめたもので,その全15両の履歴を詳細に知ることができます.さらに,多く事業者に譲渡されていった後も辿り,解説されています.写真は,本書ではじめて見るような貴重なものも含めて掲載されています.本書は,私鉄を愛好されるみなさんに歓迎されましょう.

著者髙井薫平
発行ネコ・パブリッシング
仕様B5判 48ページ
定価本体1250円+税
発売日2018年5月19日
購入するRM LIBRARY 226 南武鉄道モハ100形 15輌のはなしをamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年8月号掲載| ネコ・パブリッシングの記事一覧

鉄道ファン2018年10月号