都電が走った 1940年代~60年代の東京街角風景

都電が走った 1940年代~60年代の東京街角風景

かつて,東京の都心部には東京都交通局の軌道線が網の目のように敷かれていました.そうした路線をめぐるなつかしい情景を今に伝える一冊が本書です.江本廣一,小川峯生,荻原二郎,中村夙雄,日暮昭彦,丸森茂男,山田虎雄の各氏により綿密に撮影された写真と,稲葉克彦氏による解説が,みなさんをおよそ半世紀も前の東京にいざなうことでしょう.

著者稲葉克彦
発行フォト・パブリッシング
発売メディアパル
仕様B5判 128ページ
定価本体1800円+税
発売日2017年12月16日
購入する都電が走った 1940年代~60年代の東京街角風景をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年4月号掲載| メディアパルの記事一覧

鉄道ファン2019年8月号