JR東日本はこうして車両をつくってきた 多種多様なラインナップ誕生の舞台裏

JR東日本はこうして車両をつくってきた

交通新聞社新書118.本書の著者である白川保友氏は,昭和46年に国鉄の職員になられて,JR東日本の運輸車両部長を歴任され,車両の開発の先頭をお務めになった方です.本書は,まさにJR東日本が送り出した車両のさまざまなトピックが詰まった一冊で,何をおいても,まず本書を一読のうえ,JR東日本はもとよりJRの車両について語ることにしましょう.本書では,国鉄改革からJR発足へ,209系から始まる通勤電車・近郊電車の革新,新幹線の高速化・多様化の歩み,最後の寝台特急「カシオペア」の誕生など,すべての章,すべてのページに知られざる逸話が詰まっています.

著者白川保友・和田 洋(共著)
発行交通新聞社
仕様新書判 240ページ
定価本体800円+税
発売日2017年12月15日
購入するJR東日本はこうして車両をつくってきた 多種多様なラインナップ誕生の舞台裏をamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入するJR東日本はこうして車両をつくってきた 多種多様なラインナップ誕生の舞台裏をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年4月号掲載| 交通新聞社の記事一覧

鉄道ファン2019年7月号