競馬と鉄道 あの“競馬場駅”は、こうしてできた

競馬と鉄道

交通新聞社新書122.近代競馬は,それと同じく日本に輸入された鉄道と密接なつながりがあるようです.じっさい,「競馬場」の文字の入った駅も散見され,競馬を楽しむ人々のために臨時列車が運転される路線,競馬場の最寄り駅に優等列車が臨時に停車する路線もあります.本書では,フリーアナウンサーの矢野吉彦氏が競馬と鉄道との関わりに焦点を当て,それについて歴史と歩みを解説したものとなっています.これまで,こうした切り口で鉄道を述べた書はあまり見られませんでした.一読をお薦めします.

著者矢野吉彦
発行交通新聞社
仕様新書判 256ページ
定価本体800円+税
発売日2018年4月16日
購入する競馬と鉄道 あの“競馬場駅”は、こうしてできたをamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入する競馬と鉄道 あの“競馬場駅”は、こうしてできたをamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年7月号掲載| 交通新聞社の記事一覧

鉄道ファン2018年11月号