交通新聞社新書 090 振子気動車に懸けた男たち JR四国 2000系開発秘話

振子気動車に懸けた男たち

「電車発達史研究家」として,本誌をはじめ,広く活躍されている福原俊一氏が,本書でJR四国の特急形気動車,2000系の開発における秘話を一挙に紹介しています.同系はJR四国の命運を懸けて開発が進められたわけですが,その苦闘の足跡は,同社の社員をはじめ,この当時の関係者に対して行なわれた綿密な取材を基に,本書に克明に綴られています.こうした取材は,福原俊一さんが得意とするところで,JRの車両を愛好する方にとって,見逃すことのできない一冊となっています.さらに,巻末には,JR四国の主な特急形車両にまつわる写真,平成5年3月の時点の運用図表,形式図を収録した折込みページが付いています.

著者福原俊一
発行交通新聞社
仕様新書判 192ページ(折込み付き)
定価本体800円+税
発売日2016年2月24日
購入する交通新聞社新書 090 振子気動車に懸けた男たち JR四国 2000系開発秘話をamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入する交通新聞社新書 090 振子気動車に懸けた男たち JR四国 2000系開発秘話をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2016年6月号掲載| 交通新聞社の記事一覧