交通新聞社新書 083 進む航空と鉄道のコラボ ―空港アクセスが拓く交通新時代―

進む航空と鉄道のコラボ

著者は,航空関係において多数の著作および評論活動を行なっている航空アナリストです.したがって本書は,飛行機側の状況を正確に認識したうえでの「鉄道コラボ(連携)」の物語で,空港アクセス鉄道についての現状分析と将来展望はもとより,「コラボ」がち密なものになっている海外の事例,さらには,日本における鉄道と航空の競争の歴史といった,興味深い内容が並んでいます.鉄道ファンの中には,飛行機(旅客機)のファンも多いと聞きますが,そのような方はもちろんのこと,高速鉄道のことや,都市間交通のことに興味のある方にはお薦めできる一冊です. 新幹線で移動中の車内などで読むには,もってこいの書と言えるかもしれません.

著者杉浦一機
発行交通新聞社
仕様新書判 280ページ
定価本体800円+税
発売日2015年10月15日
購入する交通新聞社新書 083 進む航空と鉄道のコラボ ―空港アクセスが拓く交通新時代―をamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入する交通新聞社新書 083 進む航空と鉄道のコラボ ―空港アクセスが拓く交通新時代―をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2016年2月号掲載| 交通新聞社の記事一覧