碓氷峠を越えたアプト式鉄道 ―66.7パーミルへの挑戦―

碓氷峠を越えたアプト式鉄道―66.7パーミルへの挑戦 (交通新聞社新書)

交通新聞社新書 076.群馬県と長野県との県境付近にある碓氷峠に,北陸新幹線が開通する以前に存在した在来線には,急勾配を列車がいかにして越えるかといった試行錯誤が見られました.本書は,信越本線横川~軽井沢間の歴史について,その開通から廃止までをひも解いたものです.さまざまな資料を取り寄せ,そして長らく国鉄に在職された筆者の伝手により,信越本線横川~軽井沢間に詳しい方々の資料類,お話を結集させてできた,資料的価値の高い一冊です.

著者清水 昇
発行交通新聞社
仕様新書判 232ペー ジ(折込み付き)
定価本体800円+税
発売日2015年2月11日
購入する碓氷峠を越えたアプト式鉄道 ―66.7パーミルへの挑戦―をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2015年7月号掲載| 交通新聞社の記事一覧

鉄道ファン2019年8月号