近所鉄道

近所鉄道

著者名から,本書は「関西,阪急に関する物語かな?」と予感しましたが,まったくそうではありません.内田百閒,宮脇俊三といった鉄道紀行作家へのオマージュが注がれた鉄道エッセイです.とても柔らかく,読みやすい語り口調で,いつの間にか著者のペースで旅が始まり,それに引き込まれてしまいます.記述は,著者の自宅の最寄り駅である流山駅から流鉄線に乗ることから始まり,首都圏を中心とした53路線におよび,何の変哲もないごく日常の鉄道風景が,とても興味深く,しかも大切に描かれています.

著者梅田十三
発行現代書館
仕様四六判 272ページ
定価本体1800円+税
発売日2015年1月27日
購入する近所鉄道をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2015年7月号掲載| 現代書館の記事一覧

鉄道ファン2019年8月号