JTBキャンブックス 485系物語 ―全国を席巻した国鉄代表形式―

485系物語

国鉄特急形の代名詞的存在,485系の一代記です.史実をただ書き流す記述ではなく,その誕生から現在までに存在した数々のエピソードのうち,24を拾い上げ,それを物語として構成する手法は,今までになかったものです.さらに,事故や障害といった「苦」も描くことで,より485系が実感のある存在に浮かび上がっています.巻末の車両解説もユニークで,複雑な番台区分を諸元どおりに述べるのではなく「何がどう違う」というもっとも単純な解説とし,筆者の感性が生かされたものになっています.筆者は20年ほど前,本誌編集部に在籍していた梅原 淳氏です.

著者梅原 淳
発行JTBパブリッシング
仕様A5判 242ページ
定価本体1900円+税
発売日2013年2月22日
購入するJTBキャンブックス 485系物語 ―全国を席巻した国鉄代表形式―をamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入するJTBキャンブックス 485系物語 ―全国を席巻した国鉄代表形式―をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2013年6月号掲載| JTBパブリッシングの記事一覧