京浜急行電鉄 名車の軌跡

京浜急行電鉄

京浜急行電鉄の路線で,230形の活躍が見られなくなってから,40年もの歳月が経過しました.この40年の間に活躍した京浜急行電鉄の車両についてまとめ,一挙に解説したものが本書です.本書に掲載されている写真については,およそ35年から40年ほど前に引退した,230形,400形,500形,600形(2代目)の写ったカットを含めても,ほぼすべてがカラー写真となっており,さらに,かつて,京浜急行電鉄に勤務,列車に乗務され,京浜急行電鉄の車両などに非常に造詣の深い南雲康夫氏,園田 淳氏ならではのカットがふんだんに用いられていることは,特筆に価しましょう.また,この両氏による貴重なエピソードも惜しみなく披露されており,ここのところ急速に両数を減らしつつある800形については,細部まで取材したうえで徹底的に解説されています.京浜急行電鉄の車両に魅力を感じる方にとって,本書は見逃すことのできない一冊になっています.

発行イカロス出版
仕様B5判 132ページ
定価本体1500円+税
発売日2018年10月30日
購入する京浜急行電鉄 名車の軌跡をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2019年2月号掲載| イカロス出版の記事一覧

鉄道ファン2019年2月号