新聞社が見た鉄道 Vol.004 昭和30年代、関西の鉄道

昭和30年代、関西の鉄道

イカロスMOOK.『新聞社が見た鉄道』シリーズの第4弾にあたる本巻は,大阪圏の国鉄,および,京阪神急行電鉄(現,阪急電鉄),阪神電気鉄道,南海電気鉄道を対象として,昭和30年代におけるトピックスが紹介されています.本巻のページをめくりますと,特急"つばめ",同"はと"に充当された「青大将」の編成,完成した大阪環状線を駆け抜ける101系,そして,私鉄の各社からこの時期に続々とデビューした画期的な車両たちの姿が印象に残りますが,これらのなかには,現在も全車が第一線で活躍している系列があることを,ここでお知らせしておきましょう.

著者前里 孝(監修)朝日新聞社(写真)
発行イカロス出版
仕様A4変形判 48ページ
定価本体1111円+税
発売日2017年11月21日
購入する新聞社が見た鉄道 Vol.004 昭和30年代、関西の鉄道をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年2月号掲載| イカロス出版の記事一覧

鉄道ファン2018年10月号