日本鉄道業の事業戦略 ー鉄道経営と地域活性化ー

日本鉄道業の事業戦略

地方における鉄道事業の経営戦略には,いくつかのパターンが見られます.線路などのインフラと輸送サービスを分けた上下分離と言われる経営方式,活性化をもたらすために地元などと協業した企画列車の運行,さらには,まったく鉄道とは異なる事業を行なう多角化,これらについて,しなの鉄道,IGRいわて銀河鉄道,青い森鉄道,肥薩おれんじ鉄道の取組みを実例として上げ,今後の事業戦略を分析します.筆者は,地域政策の専門家で,これまでにも地方鉄道問題,活性化策を多数の著作で論じられています.

著者那須野育大
発行白桃書房
仕様A5判(上製)198ページ
定価本体2750円+税
発売日2015年10月23日
購入する日本鉄道業の事業戦略 ー鉄道経営と地域活性化ーをamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2016年1月号掲載| 白桃書房の記事一覧