×

レイル No.97

レイル No.97

本号は,「多摩川をめぐる鉄道風景」「倶利伽羅トンネル三代記」「常磐線 大型蒸機の残影」などの三つの特集で構成されています.多摩川に架かるJRと私鉄各社の橋と,現在の列車をとらえたグラフが主体となっているページは,「多摩川鉄道ウォッチング」の良きガイドになり,関田克孝さんの二子玉川をめぐる思い出の記録は,東京急行電鉄の旧形電車と沿線の情景が,あなたを昭和の時代にタイムスリップさせてくれることでしょう.また,北陸路の難所「倶利伽羅峠越え」の倶利伽羅トンネルの変遷について,これは北陸新幹線の開業を機に発表されたという労作で,鉄道史と廃線跡に興味を持つ皆さんには打ってつけの内容,そして,田邉幸男さんが撮影した写真により,常磐線の大形の蒸気機関車たちをグラフで展開した記事では,C62形のけん引による特急“ゆうづる”の見開き写真により,当時の愛好者の誰もが抱いた熱き情熱がよみがえることでしょう.

発行エリエイ/プレス・アイゼンバーン
仕様A4変形判 98ページ
定価本体3600円+税
発売日2016年1月21日
購入するレイル No.97をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2016年4月号掲載| エリエイ プレス・アイゼンバーンの記事一覧