戎光祥レイルウェイリブレット3 電車技術発達史 ‒戦後の名車を訪ねて

電車技術発達史

本書では,まず,昭和20,30年代に大きく進展した,日本の電車の技術開発について振り返り,さらに,帝都高速度交通営団(現,東京地下鉄)の300形,国鉄の151系など,とくに意義のある車両にクローズアップしたうえで,それぞれの技術が生まれた背景,それらの車両が後の鉄道車両に与えた影響など,徹底的に,とてもわかりやすく解説されています.本書の著者は,長年にわたり電車の発達について研究されてきた福原俊一氏で,福原氏が所蔵している貴重な資料や写真もふんだんに収録されていますので,それらにもぜひご注目ください.

著者福原俊一
発行戎光祥出版
仕様A5判 160ページ
定価本体1600円+税
発売日2018年1月18日
購入する戎光祥レイルウェイリブレット3 電車技術発達史 ‒戦後の名車を訪ねてをamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年4月号掲載| 戎光祥出版の記事一覧