10月8日〜2023年2月12日
京都鉄道博物館で,鉄道開業150周年記念企画展「鉄道いろいろいろは展〜150年の歴史を彩った鉄道のあゆみ〜」開催

京都鉄道博物館で,鉄道開業150周年記念企画展「鉄道いろいろいろは展〜150年の歴史を彩った鉄道のあゆみ〜」開催

京都鉄道博物館では,2022(令和4)年10月8日(土)から2023(令和5)年2月12日(日)までの間,鉄道開業150周年記念企画展「鉄道いろいろいろは展〜150年の歴史を彩った鉄道のあゆみ〜」を開催します.

※画像:京都鉄道博物館提供

■鉄道開業150周年記念企画展「鉄道いろいろいろは展〜150年の歴史を彩った鉄道のあゆみ〜」について
開催期間2022(令和4)年10月8日(土)〜2023(令和5)年2月12日(日)
開催場所京都鉄道博物館 本館2階 企画展示室
内容●鉄道開業から現在まで,新幹線・特急・通勤列車など,さまざまな場面で運行された鉄道車両をキーワードに,日本の鉄道のあゆみを紹介します.
●車両の色,沿線のようす,多くのサービスに注目し,関西を彩った国鉄・私鉄の特徴的な車両や特色も紹介します.
●展示構成
(1)関西を走った鉄道車両たち
 「国鉄色」「湘南色」「スカ色」など,国鉄の鉄道車両の色には通称が付いていました.ここでは,車体の色や形をキーワードに,関西の人々の足となってきた鉄道車両の特色を紹介します.
(2)はじまる鉄道,広がる路線
 鉄道開業時を紹介する錦絵や,大正期の京都・大阪間の沿線を描いた絵巻,各時代の絵葉書,ポスターを中心に,色鮮やかな資料で鉄道のあゆみをたどります.
(3)さまざまなサービスが生まれた
 快適な車内を形作った特徴的な座席,鉄道網の拡大とともに進んだ沿線の開発,乗る鉄道から楽しむ鉄道へと広がった多くのツアーや駅弁,鉄道のあゆみには一分野にとどまらない文化があります.あゆみとともに生まれてきたサービスを紹介します.
■関連イベントについて
●鉄道開業150周年記念シンポジウム「関西の鉄道と鉄道における研究開発活動」
開催日時2022(令和4)年10月15日(土)13時30分〜16時
開催場所本館3F ホール
内容●13時30分〜14時15分 基調講演1(約45分)
 「二つの鉄道技術研究所—国鉄と満鉄—」
・講演者...澤井 実氏(大阪大学名誉教授)
●14時20分〜15時5分 基調講演2(約45分)
 「私鉄王国関西における高速電気鉄道の発達」
・講演者...廣田 誠氏(大阪大学大学院教授)
●15時5分〜15時20分 休憩(約15分)
●15時20分〜16時 パネルディスカッション(約40分)
入場料無料(要入館料)
※自由に入退場可能です.参加希望の方は開催会場までお越しください.
定員各回 先着約40名
※参加人数に達し次第,受付終了.
●鉄道ジオラマ 特別プログラム「それゆけ!150年を駆け抜けろ!!」
開催期間2022(令和4)年10月8日(土)~2023(令和5)年2月12日(日)
開催時間(1)10時45分,(2)12時15分,(3)13時,(4)13時45分,(5)14時30分,(6)16時
開催場所本館2F 鉄道ジオラマ
内容●企画展開催にあわせて,特別プログラムを上演します.
●鉄道150年の歴史を振り返る映像とともに楽しめるほか,蒸気機関車も初めて運転します.
入場料無料(要入館料)
■そのほか
●「マイテ49 2」の展示開始
・鉄道開業150年目となる「鉄道の日」(2022年10月14日)から,新たな展示車両として「マイテ49 2」が加わります.これにより,京都鉄道博物館の収蔵車両は54両となります.
・展示開始を記念して、収蔵お披露目式典の開催が計画されています.詳細は決まり次第,発表されます.
■京都鉄道博物館について
所在地京都府京都市下京区観喜寺町
交通JR山陰本線(嵯峨野線)梅小路京都西駅下車,徒歩約2分
※上記以外でのアクセス方法は,京都鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金一般1200円,大学生・高校生1000円,中学生・小学生500円,幼児(3歳以上未就学児)200円
※団体料金など,詳しくは京都鉄道博物館のページをご覧ください.
※新型コロナウイルス感染症対策はこちら(PDFファイル)をご覧ください.
開館時間10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日毎週水曜日および年末年始
※祝日,および,春休み(3月25日~4月7日)・夏休み(7月21日~8月31日)の水曜日は開館します.
※休館日について,詳しくは京都鉄道博物館のページをご覧ください.
ご案内