7月9日
国立劇場で7月特別企画公演「鉄道唱歌~明治の音楽と鉄道~」開催

access_time
2022年6月2日掲載
国立劇場で7月特別企画公演「鉄道唱歌~明治の音楽と鉄道~」開催

国立劇場では,鉄道開業150年記念として,「鉄道」と「旅」をテーマに,日本の伝統音楽と,埋もれた明治時代の音楽を振り返りながら,「鉄道唱歌」の誕生の歴史を紐解く「鉄道唱歌~明治の音楽と鉄道~」を,2022(令和4)年7月9日(土)に上演します.
 音楽と芸能を通じて「鉄道と旅」の魅力を照らし出すもので,国立劇場でも類を見ない画期的な企画公演です.

※画像:文化庁提供

上演日時2022(令和4)年7月9日(土)15時開演
※17時40分終演予定.休憩あり.
会場国立劇場 小劇場
東京都千代田区隼町4-1
会場への交通東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅下車,6番・1番出口から徒歩約5分
※詳しくは,国立劇場のページをご覧ください.
料金全席指定 5000円,学生3500円
※価格はいずれも税込です.
※国や東京都の催物の開催制限などにしたがい,販売席数を変更する場合があります.
※障害者の方は,2割引きです.また,車椅子用スペースの設定もあります(要チケットセンター問合せ).
※出演者などの変更の場合はご了承ください.
おもな内容■鉄道開業150年記念 鉄道唱歌 ~明治の音楽と鉄道~
●落語「鶯の鳴く街」
 古今亭駒治
●義太夫「仮名手本忠臣蔵 道行旅路の嫁入」 浄瑠璃:竹本越孝,竹本土佐子,竹本佳之助/三味線:鶴澤寛也,鶴澤駒治,鶴澤弥々
●俗曲「お江戸日本橋」ほか
 唄,三味線:桧山うめ吉
●流行り唄「しょんがえ節 開化都々逸」ほか
 唄:水野詩都子/唄,三味線:﨑秀五郎
●法界節「レールエー節」ほか
 唄:水野詩都子/月琴:﨑秀五郎/提琴:村澤丈児/尺八:長谷川将山
●壮士演歌「汽車の旅」ほか
 唄ほか:岡大介/口上:紺野将敬
●音楽「鉄道唱歌」
 第1集 東海道編,第2集 山陽・九州編,第3集 奥州・磐城編,第4集 北陸編,第5集 関西・参宮・南海編
 合唱:東京混声合唱団/演奏:ちんどん通信社
※ゲスト:六角精児(俳優)/ご案内:古今亭駒治(落語家)
チケット発売日・場所●前売り...2022(令和4)年6月18日(土)10時〜
・電話:0570-07-9900(国立劇場チケットセンター/10時〜18時)
 ※一部IP電話など:03-3230-3000
インターネット(パソコン・スマートフォン共通)
●窓口販売...2022(令和4)年6月19日(日)
 ※窓口販売用に別枠での取置きはありません.
そのほか新型コロナウイルス感染症への各種対策については,国立劇場のページをご覧ください.
ご案内