JR九州,8月以降のクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」運転ルートを一部変更

JR九州77系

JR九州では,クルーズトレイン「ななつ星in九州」の運転ルートを一部変更して運転を再開すると発表した.現在,「ななつ星 in 九州」は車両メンテナンスで運休中であるが,2017(平成29)年7月に発生した九州北部豪雨により久大本線が一部区間で不通となったことから,2017(平成29)年8月22日(火)出発分から3泊4日コースおよび1泊2日コースともに一部運転ルートを変更して運転を再開する.
 3泊4日コースでは,1日目に博多を出発後,現行ルートでは鹿児島本線から久大本線を通るが,変更後は鹿児島本線から日豊本線を通るルートに変更し,途中の宇佐エリアの立寄り観光を組み込むほか,夕食は別府での車内提供に切り替える.2日目のルート(美々津,宮崎立寄り)に変更はなく,3日目は隼人から鹿児島中央へ向かい,市内観光後,夕食を車外提供する.4日目は鹿児島中央から八代間を,鹿児島本線と肥薩おれんじ鉄道を通るルートから,肥薩線を通るルートに変更する.
 また1泊2日コースは,1日目のルート(有田,長崎,佐世保立寄り)に変更はなく,2日目の鳥栖以降のルートを久大本線経由から,鹿児島本線の八代で折り返し,博多へ戻るルートに変更する.途中,山鹿エリアでの立寄りルートを組み込み,車内滞在プランとの選択ができるようにする.

写真:クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」用の77系客車  鹿児島車両センターにて  2013-10-10  編集部撮影(取材協力:JR九州) 

掲載