鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

渋谷駅街区開発計画の施設名称が「渋谷スクランブルスクエア」に決定

渋谷駅街区開発計画の施設名称が「渋谷スクランブルスクエア」に決定

JR東日本,東急電鉄,東京メトロでは,2019(平成31)年度に開業を予定している「渋谷駅街区開発計画」について,施設名称を「SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE(渋谷スクランブルスクエア)」に決定したと発表した.
 「渋谷スクランブルスクエア」という名称には,多様な人々を渋谷の街にひきつけ,混じり合うことにより,渋谷の中心からムーブメントを発信して,新たな文化を生み出すステージにしたい,という想いが込められている.また,ロゴマークは漢字の「渋」をモチーフとした.
 2019(平成31)年度に開業予定の第1期(東棟)は,渋谷エリア最高となる,高さ230m・地上47階建てで,高層部にはハイグレードオフィス,中低層部には大規模商業施設が入る予定.

渋谷駅街区開発計画の施設名称が「渋谷スクランブルスクエア」に決定

 オフィスは,総賃貸面積73000㎡のハイグレードオフィスで,基準階(最大約870坪)は渋谷最大級の広さとなり,全フロアから都心の眺望を堪能できる.商業施設は,地下2階~地上14階で,コンセプトは「ASOVIVA(遊び場)」とし,憧れやワクワク感を求めてさまざまな人々が集まり,「情報鮮度」,「本物・本質」,「共感・つながり」を具現化する,日本一楽しくて,ハレな「遊び場」を作るとしている.第1期(東棟)の売り場面積は約30000㎡で,2027(平成39)年度開業予定の第2期(中央棟・西棟)の完成時には合計で約70000㎡となる,大規模商業施設となる見込み.
 このほか,最上部には屋外展望施設,中層部には産業交流施設を備え,街のランドマークとして新たな価値とにぎわいをもたらす,駅直結の大規模施設となる.

写真:「渋谷スクランブルスクエア」の全体完成イメージとロゴマーク(東京急行電鉄・JR東日本・東京メトロのニュースリリースから)

このページを
シェアする