鉄道ニュース

JR四国121系第3編成が7200系となり出場

JR四国121系第3編成が7200系となり出場

2015(平成27)年10月から多度津工場に入場していた121系第3編成が,リフレッシュ工事を終えて7200系第3編成(7203+7303)となり,2016年2月3日(水)に多度津工場から出場しました.
 多度津から高松までは,DE10 1139とDE10 1095が7200系を挟んで走行し,高松から高松運転所まではDE10 1095がけん引しました.
 121系改め7200系は,台車に川崎重工のefWINGを採用し,主制御機がVVVFに,外観上はカラーリングの変更や排障器などの設置が行なわれており,徹底したリフレッシュ工事が行なわれたようです.
 今後,試運転などを経て営業運転に就くものと思いますが,他の121系にも波及するのか注目されます.

写真:高松にて(敷地外から撮影) 2016-2-3

掲載|JR四国の記事一覧
上へ