飯田線で373系の普通列車登場

飯田線で373系の普通列車登場

2014(平成26)年3月15日(土)のダイヤ改正から飯田線の駒ヶ根—天竜峡間で,373系を使用した普通列車が走り始めました.これに使用される車両は,豊橋18:20発-23M特急“ワイドビュー伊那路”3号-飯田21:00着,滞泊~翌日-回M-駒ヶ根6:12発-1500M-天竜峡8:12着~8:16発-1505M-飯田8:45着~10:00発-22M特急“ワイドビュー伊那路”2号-豊橋12:31着,と運用されています.東海道本線では普通列車にも使用されている373系ですが,飯田線の飯田以北で普通列車に使用されるのは今までにない新たなことではないでしょうか.また,飯島駅では同じくダイヤ改正から入線が始まったJR東日本長野総合車両センター所属の211系使用の2209Mとの並びが見られます(写真).

写真:飯島にて 2014-3-15
投稿:小林 嘉明

鉄道ファン2015年2月号

2014年12月20日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ