烏山線でEV-E301系が営業運転を開始

烏山線でEV-E301系が営業運転を開始

2014(平成26)年3月15日(土)のダイヤ改正で,営業用では日本初の蓄電池電車であるEV-E301系「ACCUM」が営業運転を開始しました.
 当日は,EV-E301系にヘッドマークなどの装飾はありませんでしたが,沿線では非電化路線である烏山線に電車が走るということで,終点の烏山駅などで電車導入を記念する催しなどが行なわれました.
 当面は宇都宮—烏山間を2往復(宇都宮10:03発・13:40発,烏山12:29発・15:29発),宝積寺—烏山間を1往復(宝積寺16:35発,烏山17:37発)に限定して運転されます.

写真:烏山にて 2014-3-15
投稿:中川 一知

関連情報

『鉄道ファン』2014年8月号「平成26年3月15日ダイヤ改正にともなう JR東日本 車両の動き」

『鉄道ファン』2014年8月号では,「平成26年3月15日ダイヤ改正にともなう JR東日本 車両の動き」を掲載しています.
 平成26年3月15日に実施されたJRグループのダイヤ改正では,新形車両の投入と,それにともなう車両の置換えが行なわれました.とくにJR東日本では特急形車両を中心に,転用・置換え・廃車が多方面で発生,その車両動向はファンの注目するところです.中には改正以降も継続している案件もあり,E3系新幹線電車を改造したリゾート列車「とれいゆ」,近郊形電車については長野地区へ転用される211系など,車両ファンならずともその「最終形」は大いに気になることでしょう.そこで今回,JR東日本の公式記事と資料によって,その車両動向を一挙に解説することにしました.

鉄道ファン2014年12月号

2014年10月21日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ