山手線高田馬場駅で可動式ホーム柵の使用開始

山手線高田馬場駅で可動式ホーム柵の使用開始

山手線では,2013(平成25)年12月21日(土)の始発から,高田馬場駅の可動式ホーム柵の使用が開始されました.これにより山手線の北部に位置する,新大久保,高田馬場,目白,池袋,大塚,巣鴨,駒込の連続する7駅に,可動式ホーム柵が使用されていることになります.

写真:高田馬場にて 2013-12-21
投稿:細田 邦昭

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

前の記事:近江鉄道100形が営業運転を開始
次の記事:キヤ95形第1編成が名古屋港線を検測