日光線用107系が営業運転を終了

日光線用107系が営業運転を終了

2013(平成25)年3月15日(金),877M宇都宮発日光行き(最終列車)の運転をもって,小金井車両センター所属107系0番台の運用が終了しました.これは翌16日(土)のJR東日本ダイヤ改正により,日光線に205系600番台が導入されるためです.これにより,25年にわたって続いた107系0番台日光線運用は終了しました.
 なお,同線では最終日光行きとして下った編成は,翌日の日光発822Mとして返すのですが,ダイヤ改正当日の822Mも205系で運行する関係上,15日昼間に小金井車両センターから205系Y5編成ほか1本が日光に送り込まれました.また,最終日光行き877Mとして下ったN7+N5+N3編成は15日~16日の深夜に小金井まで回送されています.

写真:宇都宮にて 2013-3-15
投稿:橋本 陽

関連情報

日光線 いま,むかし

『鉄道ファン』2013年6月号では,「日光線 いま,むかし」を掲載しています.
 都心部から転出した205系が600番台となって活躍を開始したJR東日本日光線.同系が運転を開始したダイヤ改正当日の様子とともに,かつて国鉄時代に活躍していた車両について振り返ってみます.スカ色の旧形国電や,もともと日光線用としてデビューした157系,また205系と交代した107系の新製当時の写真も掲載.

鉄道ファン2014年12月号

2014年10月21日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ