EH800-901が甲種輸送される

EH800-901が甲種輸送される

2013(平成25)年1月8日(火),北海道新幹線に対応した交流機関車,EH800-901の甲種輸送,が製造メーカーの東芝最寄の北府中から東仙台(信)まで実施されました.
 けん引機は,北府中—新座貨物ターミナル間が新鶴見機関区所属のDE10 1155,新座貨物ターミナル—黒磯間が同区所属のEF65 2066,黒磯—東仙台(信)間が仙台総合鉄道部所属のEH500-38でした.

写真:新座にて 2013-1-8
投稿:上田 雄介

関連情報

『鉄道ファン』2013年2月号新車ガイド

『鉄道ファン』2013年2月号では,JR東日本のE6系量産車と,JR貨物の新形電機EH800形900番台を「新車ガイド」として展開します.
 E6系は,平成22年度登場の量産先行車との違いを明らかにします.2010年10月号と合わせてご覧ください.
 ED79形50番台以来となるJR貨物の新製交流機EH800形.数々の新機軸を盛り込んだ同機の今後に注目です.

鉄道ファン2014年12月号

2014年10月21日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ