東武50050系に側窓開閉化改造施行車

東武50050系に側窓開閉化改造施行車

南栗橋車両管区に所属する東武50050系のうち,51052編成に側窓開閉化改造が施行され,2012(平成24)年10月中旬ごろから運用に就いています.
 新製時から側窓が開閉可能となっている森林公園検修区所属の50070系51075編成や,2005(平成17)~2007(平成19)年ごろに側窓開閉化改造が施行されたJR東日本の209系などに準じた仕様で,車両中央部を除く7人掛け座席部の側窓に施行され,1両あたり4ヵ所の窓が新たに開閉可能となりました.
 東武50000系列における側窓開閉化改造は今回が初めてであり,今後,7人掛け座席部の側窓が開閉不可能な編成に同様の改造が波及していくのか,注目されます.

写真:宮崎台にて 2012-10-16
投稿:小山 敬之

鉄道ファン2015年1月号

2014年11月21日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ