119系電車が引退

119系電車が引退

2012(平成24)年3月31日(土),119系最後の営業列車“119ファイナル号”(国鉄色・E4編成使用)が,豊橋—豊川間で運転されました.
 119系電車は,1982(昭和57)年から1983(昭和58)年にかけて,飯田線に残っていた旧形国電を置き換えるために製造されました.しかし,老朽化のため,後継の313系3000番台や213系5000番台への置き換えが進み,引退となりました.
 終着の豊橋駅では,引退セレモニーが行なわれ,豊橋駅から豊橋運輸区への回送列車の豊川方運転台には,花束が置かれました.また,イベントで使用したヘッドマークは,最終列車の乗客のうち,抽選で当選した人に渡されました.
 このイベントに使用されたE4編成と,予備として残されていたE5編成(東海色)は,同日夕方に浜松へ回送されました.これにより,30年間飯田線で活躍した119系電車は,全車廃車となります.

写真:豊橋にて 2012-3-31
投稿:鈴木 結雅

鉄道ファン2015年2月号

2014年12月20日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ