もと京葉車両センター所属の205系が富士急行へ

もと京葉車両センター所属の205系が富士急行へ

2011(平成23)年9月30日(金)から10月2日(日)にかけて,もとJR東日本京葉車両センター所属の205系3両の甲種輸送が,長野総合車両センター→八王子→梶ヶ谷貨物ターミナル→新座貨物ターミナル→八王子→大月間で,行なわれています.けん引は全区間,JR貨物愛知機関区所属のEF64 1024で,大月駅構内での入換のため,梶ヶ谷(タ)→新座(タ)間では次位に,新座(タ)→大月間では最後尾に新鶴見機関区所属のDE10 1101が連結されました.
 今回輸送された3両は,もとモハ205形に廃車となった先頭車の運転台を移設し,パンタグラフが2基に増設されています.
 なお,増設した運転台周りは帯が外されたままで,他の車両も京葉線時代から帯色の変化はなかったことから,外観の整備は富士急行到着後に行なわれるようですが,行先表示器のLED化,扉の半自動化が確認できました.

写真:立川にて 2011-10-1
投稿:森村 暢夫

関連情報

「205系転用改造工事の効率的作業手法の研究」

『鉄道ファン』2013年12月号では,「205系転用改造工事の効率的作業手法の研究」を掲載しています.
 JR東日本の205系を改造した富士急行6000系は,「日本一ゆたかな通勤電車」をコンセプトに,平成24年度から導入が進められています.その改造工事を実際に行なったプロジェクトチームによる,205系転用改造工事の全容を紹介します.車両品質にこだわる「プロの仕事」を知ることができる,当事者ならではの内容です.ぜひ,6000系を紹介した本誌2012年5月号「CAR INFO」欄と合わせてご覧ください.

鉄道ファン2015年1月号

2014年11月21日発売
特別定価(本体1139円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ