100系新幹線電車が登場時の塗色に

100系新幹線電車が登場時の塗色に

JR西日本は,山陽新幹線で運用している100系新幹線のうち6連のK編成3本を,現行のグレー&フレッシュグリーン塗装から登場時の塗装(車体色:白3号+青20号/屋根色:銀)に変更すると発表した.
 塗装変更の工事は2010(平成22)年6月から行なわれ,最初の編成の営業運転開始は7月下旬を予定している.

▲登場時の塗装となるJR西日本の100系(写真は4連のP編成)
博多総合車両所にて 2000-10-2 写真:編集部(取材協力:JR西日本)
記事:編集部

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

前の記事:313系1300番台が営業運転を開始
次の記事:EF510形500番台の試運転が続く