名古屋臨海鉄道昭和町線 苛性ソーダ・苛性カリの輸送が終了

名古屋臨海鉄道昭和町線 苛性ソーダ・苛性カリの輸送が終了

名古屋臨海鉄道の昭和町駅から同鉄道南港線の三洋駅まで,タキ7750を用いて行なわれていた苛性ソーダの輸送が,タンクローリーでの輸送に置き換わるため,2009(平成21)年3月12日(木)の発送をもって終了しました.
 最終発送日となった12日には,関係者による簡単なセレモニーが開かれ,記念撮影や機関士さんへの花束贈呈が行なわれました.
 なお,この日はコキ200による昭和町—川崎貨物間の液体苛性カリタンクコンテナ最終発送もありましたが,こちらは出発駅が南港駅に変わって(工場—南港間はトラック輸送)存続するとのことです.

写真:昭和町にて 2009-3-12

掲載|名古屋臨海鉄道の記事一覧